Freelance

techboost(テックブースト)で未経験からエンジニアになれるのか?[内情ぶっちゃけます]

こんにちは!フリーランスエンジニアのCOMです。

 

みなさんは、まったくプログラミングをやったこと状態からエンジニアになる方法を知っていますか?未経験OKで社内研修があるところもありますが、多くはありませんし競争率も高いです。

 

オススメなのは、ある程度スキルをつけて就職すること。そのためには方法が2つあります。1つはProgateなどを使って独学で勉強する。2つ目はプログラミングスクールに通うことです。

 

今回は、RubyやPHPだけでなく、今後需要が高まってくる技術ブロックチェーン・Iot・AIについて基礎からしっかり学べるプログラミングスクールtechboost(テックブースト)紹介します。

 

実はtschboost(テックブースト)はぼくが利用しているMidworksと同じ株式会社Branding Engineer(ブランディングエンジニア)が運営している関係で、講師のひとや生徒に何人か知り合いがいます。

 

カリキュラムや実績、スクールの卒業生はどうしているのか、実際に受けている生徒の感想などなかな出回らない内部事情をぶっちゃけたいと思います。

 

プログラミングスクール選びで迷ってるひとの参考になれば幸いです。

 

では、いきましょう!

tech boost(テックブースト)の紹介

先ほども少し名前が出ましたが、tech boostは株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。就職サポートが充実しており、エンジニアのキャリアを考えたカリキュラムになっています。

 

期間を決めて、がっつりプログラミングを身に付けエンジニアになりたいひとにはぴったりのスクールです。

 

オーダーメイド型カリキュラム

techboostでは、自分でオリジナルアプリを0からつくれるレベルになることを基本的な目標をしています。そのレベルまで自分が持っていきたいと思う言語を自由に選んでカリキュラムを組むことができます。

 

ぼくの知っている生徒さんは、Web系に転職してフリーランスになりたいという目標があったので、まずはRuby・Ruby on Rails。そこにリモートワーク案件が多いPHPというWeb系フリーランスを目標としたプランにしています。

 

また、ちょっと大学のころプログラミングをかじっていた生徒さんはRuby・Ruby on Railsの他に、仕事にするかどうかは不明だが面白そう!という理由でIoTコースを選んで受講していました。

 

このように、自分の目標に合わせてプランを選ぶことができるのも、たくさんのコースがあるtechboost(テックブースト)ならでは。

 

基礎だけでなく最新技術も学習できる

techboost(テックブースト)にはとてもたくさんのコースがあります。

 

中にはブロックチェーン・AI・IoTなどの最新技術も学べます。

 

ブロックチェーンはビットコインに使われている技術で、ビットコイン自体は今下火ですが、技術自体は今後も多くのセキュリティシステムで利用されていくでしょう。

 

AIはざっくりいうと人工知能に使われている技術です。掃除ロボットや車の自動運転やオペレーションシステムの一部に使われています。今後単純作業がどんどんAIに置き換わっていくのは明白なので、それに伴って需要が増えていきます。

COM

一刻も早いコンビニの自動化を求む!!

 

IoTは最近だとGoogle Homeが話題ですね。ネットに繋がってる物のことです!名探偵コナンの映画『名探偵コナン ゼロの執行人』で出てきたIoTテロはネットに繋がってる物(テレビやパソコン)を爆発させて被害をだすという手口でした。これも今後増えていき、ネットに繋がっていないものはなくなるんじゃないか?と思うほどです。

 

このような、最新技術はまだできる人が少なく、フリーランスとしての案件の場合単価がかなり高いです。(70〜80万円あたり)

 

最新技術だけあって、技術が好きなエンジニア間の話題にも上がりやすく、ちょっとできるだけでも十分威力を発揮します。

 

tech boost(テックブースト)のコース紹介

tech boostで学べること一覧
  • チーム開発
  • データベース
  • HTML
  • CSS
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • PHP
  • Laravel
  • jQuery
  • React.js
  • Vue.js
  • AI
  • IoT
  • Blickchain

そもそも「ネットとはなにか?」といった全くの初心者にも優しい部分からしっかり学べます。チーム開発の際に必要な問題解決のコツやGitでのやりとりがコースにあるのもいいところです。

 

ただアプリを自作するだけじゃそのあたりはまったく身につきませんからね。なのに現場では当たり前のようにGitを使う・・・。早めにやっておいた方がいいです。ぼくは今までの現場で技術力はすごいのにGitができないがためにダメなやつ扱いをされている人を何人か見ました。

COM

これが実力主義か・・・。

 

逆にここがしっかりしていれば、チームに迷惑もかからず、重宝してもらえます。

 

ちなみに今回紹介したコース一覧は記事を書いた2018年12月現在の情報なので、今後コースが増えていくことは確実です。

 

tech boost(テックブースト)受講までの流れ

  • 無料カウンセリング
  • 受講スタート
  • 週1でメンタリング
  • 月1で懇親会

はじめに無料カウンセリングを行って今後のキャリアプランを決め、それに準じたコースを選びます。

 

  • Web系でフリーランスになりたい→Ruby/Ruby on Rails・PHP/Laravel・フロントエンド/jQuery
  • 最新技術を学びたい→IoT・AI・Blockchain

 

基本的には、オンラインでどこでもできるカリキュラムになってるので、自宅などで空き時間を使ってやっていきます。わからないことがあればオンラインで質問できます。

 

教室もいるので、PCを見せながら教えてもらいたいと行った要望にもしっかり答えてくれます。やっぱり最初のうちはよくわからないからとりあえず見て欲しい!って状況は多いと思います。

 

オンラインとオフライン両方でサポートしてくれるのは心強いですね。

 

さらに、オンラインでの質問とは別にテックブースとはメンター制度というものがありまして、生徒1人につき現役エンジニアのメンターが1人つきます。週に1回オンラインorオフラインで様々な相談にのってもらうことができます。

 

技術的なことだけでなく、実際の現場業務や面談など、なかなか普段聞けないことも聞くことができます。早くエンジニアになるために、きになることはなんでも聞いて、サービスをフル活用しましょう!

 

tech boost(テックブースト)の料金

社会人は、月額100.000円(税抜)

学生は、月額70.000円(税抜)

現在受講料33%OFFのキャンペーン中です。3ヶ月で約30万のところが20万くらいになりますね。期間限定らしいので、迷っているなら早めに受講することをオススメします。

 

tech boost(テックブースト)のデメリット

それは、教室で先生から直接教えて貰えるのが東京(渋谷)にある教室のみだということ。オンラインでも十分やっていけるので、地方の人でも問題はありませんが、本当にわけわからなくなったときのことを考えるとちょっと不安かもしれません。

 

東京近郊の人はまったく問題ないので、気にするところではですね。

tech boost(テックブースト)で未経験からエンジニアになれるのか?[内情ぶっちゃけます]〜まとめ〜

エンジニアは高収入な職業です。実際に働いていて思うのはもうフリーランスになってしまえば月の月収は50万を超えます。環境も昔よく言われていたような3Kはもうほとんどありません。(会社によってはあります笑)

 

テックブーストは他の会社にはない最新技術を基礎から学ぶことができるので、今後エンジニアとしても市場価値が上がっていくでしょう。

 

未経験でも、エンジニアになることはできます!興味があるひとはぜひ一度プログラミングスクールtechboost(テックブースト)を受講してみてください!

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!では、また!

RELATED POST