LIFE

週5日がきついなら自分から働き方を変えよう【行動あるのみ】

週休2日はいやだ!リモートで働きたい!
COM
COM
そんな質問にお答えします。

こんにちは、フリーランスエンジニアのCOMです。

僕の詳しいプロフィールはこちら

エンジニアになりたい人・フリーランスに興味がある人に向けてLINEマガジンの配信を開始しました。

自分の環境やその時の気分で、週4日で働いたり、リモートで働いたり、長期で休んだりしてます。

  • 週5日ってキツくないですか?
  • 毎日電車で辛くないですか?
  • たまには長期休みとって出掛けたくないですか?
COM
COM
僕はキツイです。

僕は今でこそ、案件を自分で選んで、リモートワークをしてますが、元々はブラック企業小売店の店員でした。

  • もちろん、週休2日。
  • 残業あり。
  • 店舗で立ち仕事。
  • カレンダー通りに休めるわけもなく、長期休暇なんか夢のまた夢。

そんな状況でした。

今回は、「働き方を変えるのは会社じゃなくて自分【行動しましょう】」というテーマで、

いい働き方と悪い働き方両方経験した僕が、考えてることを書こうと思います。

では、いきましょう!

週5日勤務はツラい

普通にキツイです。

5日働いた疲れが、2日で取れるわけないですからね。

週休2日はいつから始まったのか?

週休2日が日本に広まったのは、松下電器産業(現パナソニック)の松下幸之助さんがきっかけとされています。

その後、他の企業が導入しはじめたのはそれから15年も後の1980年ごろです。

COM
COM
そんな昔にできた制度が今も使われてること自体おかしい。

働き過ぎても報われない

もし、週5日全力で働いて、会社のために頑張っても、その頑張りが必ずしも報われるとは限りません。

むしろ、報われないことの方が多いんじゃないでしょうか?

COM
COM
僕は、昔小売店で人並みに働いてましたが、給料が増えたり、昇進したりすることはありませんでした。

せめて、○○時間以上働いたら、昇進!

みたいな明確な基準があればいいんですけどね。

そんなの経営者からしたらたまったもんじゃないので、もちろんありません。

やりたいことを見つけよう

就活や転職活動でみんなやりたいことを、

なんとか既存の会社の中から探して、

見つけてあたかもそれが元々やりたかったことのように話して、

その結果内定を出してくれた企業で働くと思います。

それって本当にあなたがやりたいことですか?

ちなみに僕のやりたいことは、

スマブラ・筋トレ・旅行などの趣味が好きな時にやることです。

つまり自由な生活。

仕事じゃないじゃん!

そう、僕の一番やりたいことに仕事はないんです。

みなさん無意識のうちに、「やりたいこと=仕事に関係してること」

と思いがちですが、そんなことはないと思います。

とはいえ、「やりたいこと」だけでは生きていけないので、仕事をしてるわけです。

嫌いじゃないし、ちゃんとやってますが・・・。

その中で一番時間が取れて、お金がもらえて、結果僕の「やりたいこと」が一番できるのがフリーランスのエンジニアだったわけです。

「やりたいこと」これを軸に仕事を合わせる

これが、オススメです。

フリーランスエンジニアになって1年感想と今後【業界歴2年】こんにちは、フリーランスエンジニアのCOMです。僕の詳しいプロフィールはこちら。 エンジニアになりたい人・フリーランスに興味がある...

週3日休めるとどうなるのか?

週5日働いてる人:5日×8時間=40時間

週4日働いてる人:4日×8時間=32時間

1週間あたり8時間も差が生まれます。

これが、1ヶ月だと32時間

1年だと、416時間も差が生まれる計算になります。

これだけ時間があれば、好きなことができます。

遊んでもいいし、将来に備えて勉強したり、副業も始められます。

どんなにお金を積んでも、時間だけは買えないので、こういう時間を確保できる働き方を選びたいですね。

リモートワーク になるとどうなるのか?

続いてリモートワークになった場合どれだけ時間が生まれるのかを計算します。

通勤してる人の通勤時間はドアtoドアで1時間とします。

リモートワークの人:5日×0=0時間

通勤してる人:5日×2(往復)=10時間

1週間あたり10時間も差が生まれます。

これが、1ヶ月だと40時間

1年だと、480時間も差が生まれる計算になります。

通勤時間でも勉強はできる

それもわからなくはないですが、通勤しながら本読むより自宅で集中できる環境で本読んだほうが100倍集中できます。

出社10分前まで寝れるので、寝不足にもなり難いし、身支度も必要ないのでとても快適です。

環境を変える方法

ここまで読んだ方はこう思ったはずです。

やっぱ週5日キツイな・・・
電車通勤は時間がもったいない・・・
長期休暇ほしい・・・

こういう人はどうすればいいのか?

会社を変える

会社を変えましょう!

それが一番手っ取り早いです。

今の仕事に不満があるとき、多くの人は今の会社の制度を変えようとしますが、

労力がかかる上に確実性が低いので辞めましょう!

会社は、社長がこれが最善策!と思って作った制度の塊です。

そこに、入ってきて数年足らずの新人が、

この制度がおかしい!

といったところで、無視されるでしょう。

なので、今の働き方に不満があるなら、会社を変えましょう。

文句をいうのは時間の無駄

たまに、SNS・リアルの場で働き方に対して文句を言ってる人がいますが、100%ムダなので辞めましょう!

もし、過去に言った経験がある人は、これからは言わないようにしましょう。

なぜかというと、文句を言っても現実は一切変わらないからです。

満員電車や週5勤務が嫌だなんて、かなり昔からいろんな人が文句を言ってます。

COM
COM
でも、現実は全く変わってないですよね?

なので、文句をいうくらいなら、その文句の原因を改善するための行動を取りましょう。

たとえば、

  • 週5勤務が嫌なら、週4勤務の会社に就職する。
  • 満員電車が嫌なら、リモートワークできる仕事につく。
  • 長期休みがないのが嫌なら、長期休みを取れるような働き方にする。

こういうことです。

僕は今エンジニアとして働いており、不満はありません。

一つの選択肢としてエンジニアになると言うのもありです!

【未経験OK】プログラミングの始めかた講座【現役SEが解説】 こんにちは、フリーランスエンジニアのCOMです。 僕の詳しいプロフィールはこちら。 エンジニアになりたい人・...

問題に対しても向き合い方

問題が起きたらどうすればいいのか?

考え方と行動を自分なりに書いてみたので、参考にしてください。

今回は、例として満員電車が嫌だ!という問題に対して考えてきます。

満員電車に乗りたくない問題発生

なぜおきているのか

→会社が定時での出勤を命じるから

どうすれば解決するのか

→解決策①定時出勤制度をなくしてフレックスにする

→解決策②電車じゃない方法で出勤

→解決策③リモートワーク

これらの解決策は現実的?

→仕事柄無理

→会社の決まりだから提案しても無駄

じゃあどうする?

→会社を辞める

転職先は?

→そもそも今の業界がダメ

じゃあどうする?

→別の業界へいく

こんな感じです。

物事は順序を立てて考えていきましょう!

これを気に仕事について考えよう

みなさんもご存知のとおり、新型肺炎のせいで、いろいろな業界・企業がピンチです。

小売・旅行・観光・イベントこの辺りの新型肺炎によりダメージははかりしれません。

友人にイベント業をやってる社長がいますが、資金繰りができないので、銀行からお金を借りてるといってました。

これを気に、自分の今いる業界・会社がこれからもいていいところなのか考えてみるといいかと思います。

脅すわけではないですが、今後も同じような経済的ダメージのある出来事がおこらないとも言い切れません。

仕事がなくなってツライ思いをした人もいると思います。

仕事がなくなるまでは行かなくても、給料が減ったりボーナスが減ったりしたかもしれません。

また同じようなことが起きたら、今回と同じようにツライ思いをするんですか?

はい!それでも僕は今の会社・業界を愛してます!

と、即答できない人はこれを気に今の仕事の将来性について考えてみるといいですよ。

週5日がきついなら自分から働き方を変えよう【行動あるのみ】〜まとめ〜

まずは、わがままをいうところから始めましょう。

世の中には、わがままばかり言ってそれを中心に仕事を選んでる人が沢山います。

  • 週休2日がいや
  • 満員電車がいや
  • 休み取れないのがいや

だから、こういう働き方をする!

周りにもいますこういう人。

僕も、どちらかといえばわがままで仕事を選んでる方かも。

でも、それてって技術があるからできるんでしょ?

その通りです!

COM
COM
でも、もともと技術があったわけではありません。

こんな働き方がいいなって思って、それを実現させるために何をすればいいか考えて実行しただけです。

僕の好きな藍井エイルの歌にこんな歌詞があります。

藍井エイル / シリウス

願い事は 全部この手で叶える

そう、未来は 全部この手で叶える

 

藍井エイル / IGNITE

迷わずに今 矛盾だらけの世界を その手で撃ち放て

結局、自分の人生よくしていくのは自分。

自分の人生に責任持てるのも自分だけなんですよね。

自分の働き方くらい、自分で変えてきましょ!

 

この記事を読んでちょっとでもエンジニアに興味が湧いたなら、こちらのLINE@に登録してくれると嬉しいです。

 

エンジニアになるために必要な情報を必要な分だけ入れたので、是非読んでください!

 

 

今回も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

では、また!