Freelance

【未経験者必見】オススメのプログラミングスクールBEST3【無料あり】

●エンジニアになるにはプログラミングスクールに行くのがいいのはわかったけど、どうやって選んでいいかわからない

●有料スクールと無料スクールは何が違うの?

●お金ないから無料がいい!

COM

そんな疑問にお答えします。

 

すぐに登録したい方へ

No.13ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】←最新技術が高いレベルで学習できる!(有料)

No.2お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】←需要急上昇の人気言語Rubyが学べる!(格安・条件あり)

No.3【Pro Engineer】完全無料であなたの就職をサポート←言うことなし!徹底就職サポート!(完全無料)

最近いろんなところで「エンジニアは不足している」「今エンジニアになれば仕事には困らない」と言われるようになってきました。

 

本当にその通りで、実際の現場でも常に募集しており、それに合わてエンジニアを育てるためのプログラミングスクールがどんどんできました。

 

ところが、プログラミングスクールと一口に言っても「有料のもの・無料のもの・オンライン限定のもの」などいろんな種類があります。

 

どのスクールもそれぞれ特徴があって、内容も素晴らしいんですが、人は選択肢が多すぎると逆に迷ってしまう傾向があるようで、ぼくもスクール選びにはかなり苦労しました。

 

今回は現役フリーランスエンジニアでスクール無料派のぼくがオススメするプログラミングスクールを3つ選びました。

 

基本的には20代は未経験でOK。30代はIT企業に就業中のひとが対象になるようです。早いうちに、IT業界に舵をきってエンジニアとして就職すれば、想像できないような楽しい将来が待ってます!(経験者談)

 

ぜひこの機会にプログラミングスクールに通ってエンジニアになって、人生を変える1歩を踏み出して欲しい!

 

未経験からエンジニアになる方法

 

大きく分けて2つあります。

 

  1. 独学で勉強し、転職エージェントへ行って就職先を紹介してもらう
  2. プログラミングスクールに通って、学習し就職先を紹介してもらう

 

どちらがよくてどちらがわるいってことはありませんが、ぼくは経験上②の「プログラミングスクールに通って、学習し就職先を紹介してもらう」をオススメしてます。

 

理由は、完全に未経験のひとはプログラミングを勉強する習慣自体がないからです。

 

たとえ無料でもプログラミングスクールに通えば、教室内では勉強するしかないのでいやでも一定時間勉強できます。

 

不明点もすぐに質問でき、一緒に勉強する仲間のできて、さらに就職までサポートしてもらえるという万全の体制。

 

プログラミングにせっかく興味をもったのに、これらのサービスを利用しないのはもったいない!

 

受講までの流れと受講してからの流れ

 

オンライン(自宅学習)とオフライン(教室で学習)があり、今回紹介するスクールはオフラインにみなので、オフラインに絞って説明します。

 

プログラミングスクールの一般的なカリキュラム
  1. スクールのホームページからカウンセリングの日にちを決める
  2. カウンセリングを行い、スクールに通うか決める
  3. スクール規定のカリキュラムに沿って学習を進める
  4. スクールの紹介してくれる企業に面談にいく(講義と並行して行われるケースもある)
  5. 内定をもらったら卒業!

スクールによって細かな違いはあるものの、だいたいはこんな感じです。

 

2つくらい絞って、カウンセリングをしてみて「なんか違うな」と思ったら、受講しなければいいだけなんで雰囲気を掴むためにも、一度足を運んでみるといいでしょう!

 

オススメプログラミングスクールBEST4

1.TECH BOOST(テックブースト)

料金 月額

・社会人29800円

・学生29800円(税別)

入学金

社会人269,800円

学生199,800円

期間 3ヶ月〜
学べるスキル HTML / CSS / Ruby / Ruby on Rails基礎 / Git
オンラインでの質問 10:00〜22:00
直接質問/教室利用 平日15時 ~ 22時、土日祝日 13時 ~ 19時
指導スタイル マンツーマン
就職支援 あり

 

ぼくもフリーランスとしてお世話になった(今もなってる)株式会社Branding Engneerが運営するプログラミングスクール【Tech Boost】

 

HTML・CSSなどの基礎的な部分が学べるのはもちろん、Gitでのバージョン管理など、現場で使える技術もマンツーマンでしっかり教えてくれる。

 

卒業生の中には、実際にアプリを作って起業した人もいるほどで、エンジニアになった後どうしていくかまで考えてる数少ないスクール。

渋谷の本社はおしゃれで、通うモチベーションも上がります。

 

エンジニアになって、1・2年経験を積んだら、フリーエンジニア向けエージェント【midworks】を利用し、フリーランスになることもできるもの【Tech Boost】の強み。

 

ぼくもスクールは無料派ですが、これは受講料を払う価値があると確信できるので、紹介しました。

 

とりあえす話を聞いて見たい方はこちら↓

 

2.ポテパンキャンプ

料金 162,000円(就職に成功し3ヶ月勤務すれば108,000円がキャッシュバックされる)
期間 4ヶ月
学べるスキル Ruby,Ruby on Rails
指導スタイル マンツーマン
就職支援 あり

 

【ポテパンキャンプ】「キャリアコース」と「ビギナーコース」2つのコースがありますが、今回は完全初心者向けの「ビギナーコース」の説明をします。

 

完全初心者向けと言っても、かなりの量を詰め込むので、事前にProgateUdemyなどで事前にHTML・CSSあたりは学んでいくほうがいいでしょう。

 

ここのスクールのすごいところは、現役のエンジニアから対面でアドバイスがもらえ、実践ですぐに使えるレベルの技術が身につく授業なのに、実質54,000円で受けれるというところです。

 

実質54,000円というのは、まず受講のときに受講料を支払いますが、その後カリキュラムをこなしポテパンを利用し就職した場合、受講料のうち108,000円がキャッシュバックされるというものです。

 

と言っても、超厳しいわけではなく丁寧な指導によって9割以上の人が最後までカリキュラムを終えているので心配ないです。教える言語を初心者でもわかりやすいRubyに絞ってるので、実力がついてるのがすぐに実感できます。

 

RubyはWeb系の人気言語で、多くの企業で使われてる上に、フリーランス案件も多くリモートワークも狙えるので、かなりコスパがいいです。

 

さらに、ポテパンキャンプは就職先にもこだわっていて、SES契約なし!です。すべて自社開発を行っている企業への就職です。

 

SESは業界的にあまりいいイメージがなく、ぼくもSESで散々な目に会いました。笑

[kanren postid=”722″]

なので、そこも考慮してくれるところってなかなかないのでかなりメリットとしては大きいと思います。

 

とりあえす話を聞いて見たい方はこちら↓

 

ポテパンキャンプについてもっと知る↓

Ruby / Railsを本気で身に付けたいならポテパンキャンプしかない!こんにちは、フリーランスエンジニアのCOMです! Ruby / Railsでフリーランスをやってるぼくですが、最近もう1度...

3.ProEngineer(プロエンジニア)

プログラマーコース インフラエンジニアコース
料金 無料 無料
期間 3ヶ月 2ヶ月
学べるスキル HTML/CSS,Java,PHP Shell
オンラインでの質問 なし(オフライン限定) なし(オフライン限定)
指導スタイル マンツーマン マンツーマン
就職支援 あり あり

 

エンジニア就職事業を行って、10年以上の歴史を誇る【Pro Engineer】。徹底したプログラミング学習カリキュラムと就職支援で、就職率は驚異の96.2%!

 

とりあえず、ここに話を聞きに言って見て、「なんか違う」と思ったら有料のスクールを検討するくらいのスタンスでいいと思います。

 

オンラインでの受講はできないため、教室に通える人限定になってしまいますが、周りが勉強してる環境で取り組むのはかなりモチベーションが上がるので良いです。

 

指導の仕方もマンツーマンで行ってくれるので、質問もしやすいです。

 

ここまでやってくれて、サービス内容も有料スクールとほとんど変わらないのに、なぜか受講料は無料!さらに、今ならカウンセリング(無料)にいくと、1000円もらえる!

COM

お得すぎる!!

何があってもお金がかかることはない(むしろもらえる)ので、1度話だけでも聞きに言って見るといいでしょう!

 

とりあえす話を聞いて見たい方はこちら↓

 

スクールを選ぶときのポイント

 

まずは、いくらならお金を出せるかです。どんなにやる気があってもお金がなければ、受講できません。

 

よくいる有料スクールを推す人は、みんな「始めに自己投資することは大事だ!」っていうんですが、自己投資も立派な投資なので余剰資金がないと無理です。

 

ぼくはエンジニアになろうとして、情報収集をしたときいろんな人に

「10万はらうことでやる気が出る」とか

「まず自己投資してから・・・」とか言われてかなりイライラしました。笑

 

COM

ないもんはないんだよ!と・・・

 

エンジニアを目指す人って、ぼくみたいにまったくお金がない状態の人って多いんじゃないでしょうか?

 

パソコンは流石に買わないといけないし、転職を考える時っていろいろお金無くなりますよね。

 

ぼくは、冒頭でも宣言した通りプログラミングスクールは無料派なので、「まず金出す」のが正解だとは思いません。

 

この記事を読んでる人は、今はきっとエンジニアに興味があるくらいだと思います。

 

まず【Pro Engineer】などの『無料スクール』に通って、プログラミングが自分にあってるかを確認するべきでしょう。

 

どうしても合わなかったり、金銭的に余裕があれば、そこで初めて【Tech Boost】【ポテパンキャンプ】などの『有料スクール』を選択肢に入れてもいいんじゃないでしょうか。

COM

「ぼくにはそんな時間ない!お金はある!」って人は初めから有料スクールでもいいですが

 

プログラミングスクールを選ぶ時の6つのチェックポイントと注意点 この記事を書いているぼくはプログラミングスクールの講師で、現役のフリーランスエンジニア。 エンジニア向けの...

 

[未経験者必見]オススメのエンジニアスクールのBEST3[無料あり]:まとめ

 

何事も流行りに乗ることは大事です。流行りに乗りさえすれば、あまり考えなくてもお金が稼げます。たまごっちが流行ったときとりあえず、商品をお店に並べれば勝手に売れて言ったのと同じです。

 

今、その流行りっていうのは『エンジニア』です。

 

需要がどんどん増えていき、それに合わせて給料も上がっていきます。フリーランスになれば、さらに給料が上がります。

今あなたがエンジニアに興味を持ったきっかけというのも、電車の広告とか、ネットニュースでエンジニアは稼げる・安定するという広告を見たからじゃないでしょうか?

 

きっかけはなんでもよいんです。事実、エンジニアは稼げます。安定もしてます。たった3〜4ヶ月ほど努力すれば、一定水準の技術力がつき、どんな人でもエンジニアになれます。

 

こういう流行りものは、流行ってるうちに乗っかるのが早ければ早いほど儲かるので、さっさとエンジニアになって、フリーランスを目指しましょう!

 

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

ではまた!

 

RELATED POST