Freelance

1年でフリーランスエンジニアになった僕がやめた7つの習慣

少しでも早くエンジニアとして一人前に働けるようになってフリーランスになりたい!!
COM
COM
そんなひとにアドバイスします。

この記事を書いているぼくは、週4で働いているフリーランスのエンジニア。

実務経験1年でRubyのフリーランスエンジニアになった。

都内でのんびり暮らしている。

フリーランスのエンジニアは稼げるし、案件も選べるので人間関係問題もなくなるから早くなった方がいいというのは前提で話を進めます。

最近、多くのフリーランスエンジニアが「フリーランスはいいぞ!」って言ってるおかげで、ぼくのLINE@にもどうすればなれるのか?

という類の質問がきます。

具体的な方法は以下の記事に書いてるので、そちらを見てもらうとして今回はマインド・日常で意識すべきことに触れたいと思います。

フリーランスエンジニアは今需要が増えてきてるので、求人は多いのでなるのに特別なスキルはいりません。

だいたい目安で言うと1〜2年くらい。

フリーランスになれるなら、出来るだけ少しでも早くなりたくないですか?

COM
COM
ぼくは1年でフリーランスになりました。

現在もフリーランスエンジニアとして働けているので、あまりにも間違ったことは書いていないつもりです。

ということで今回は、「1年でフリーランスエンジニアになった僕がやめた7つの習慣」について詳しく解説していきます。

大人気漫画「進撃の巨人」の名言にこんなものがあります。

「何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人は、きっと…大事なものを捨てることができる人だ」

これは作中で出てくる名言です。

名言の紹介記事はこちら

今の何もないところから、短期間でフリーランスエンジニアになりたいなら、今までやってきた大事なことを捨てる必要があるとぼくは考えています。

目的を達成するためには「やること」を増やすよりも「やらないこと」を決めるほうが大事なんですよね。

「より早くフリーランスになりたい!」と思ってるひとはぜひ参考にしてください。

では、行きましょう!

フリーランスエンジニアのメリット・デメリットについて知りたいひとはこちらをどうぞ↓

フリーランスエンジニアは現代において最高の職業【再現性・可能性】 この記事を書いているぼくはフリーランスのエンジニア。週休3日で余裕を持って仕事をしている。最近の趣味は海外旅行と筋トレと...

①暇な時間にだらだらする

だらけがちな時間TOP3

  1. 朝起きて出発までの数分
  2. 帰ってからご飯や風呂に入るまで
  3. 寝る前布団に入ってから

これらの時間をぼーっとして過ごすのをまずやめましょう。

はっきり言って無意味です。

仕事疲れを取るなら帰ってやることをやって、寝ればいいだけ。

ぼーっとしてる時間は何も生産されません。

そういう癖のあるひとはこういった細かいところから直していきましょう。

②友達・上司との飲み会

なんで金曜日になるとみんな飲みにいくんでしょうね。

暇なんですか?

今後ずっと平日5日働いて金曜の夜に飲んで、土日休んでまた月曜日から働くって生活を定年まで続けていくつもりなんですか?

ぼくは絶対いやですね。

少しでも早く働かなくていい仕組みを作りたい。

おそらく、この記事を読んでいるやる気に満ち溢れたみなさんもぼくと同じようなことを思ってフリーランスを目指されていると思います。

だから問題ないとは思ったんですが、一応。

飲みすぎると次の日にも影響するし、よくないことばかり。

コミュニケーションが必要なら、昼飯にしましょう。

そっちの方が酒も入らないし、時間も決まってるし健全です。

③残業

どうせフリーランスになるタイミングで今の会社をやめることになるんだから、残業なんかせずにさっさと帰りましょう。

本当に今日中にやらないといけない仕事が残ってるなら話は別ですが、そんな仕事なんかほとんどありません。

会社としては、少ない給料で長時間働いてもらった方が「お得」なので、どうでもいい仕事を重要そうに見せかけてるだけです。

仕事で今後フリーランスとしてやっていく際に必要なスキルが学べるなら話は別ですが!

そうじゃない時は全力で帰宅しましょう。

毎日定時で帰っていると、「定時で帰るキャラ」が定着し、残って仕事してると周りが逆に心配してくれます。

ぼくは正社員時代からずっとそうでした。

かなり気楽に帰れるので、やってみてください。

さっさと帰って、エンジニアの勉強に充てましょう!

駆け出しエンジニアが学ぶべきUdemyの学習動画【実践あるのみ】 結論からいうと、Progateを終えた後はアプリを作るといいです。 ①プログラミングに興味持つ ...

④必要以上の睡眠

よくいるひと
よくいるひと
自分は8時間寝ないと体調悪くなる

絶対そんなことないです。

ただの勘違い。思い込み!

人間の思い込みの力とは恐ろしいもので、思い込み続けると本当にそうなってしまいます。

なので、それを利用し逆に思い込みましょう。

自分はあまり寝なくても問題ない!6時間寝れば大丈夫!と。

ぼくはこれくらいやってました。

人間最低5時間寝ればなんとかなります。(個人の意見)

6時間寝れば十分活動できます。

睡眠は最低限にし、今やるべきことを明確にしましょう。

COM
COM
今頑張ってフルリモート案件に参画できたら、何時間でも寝れますよ!笑

⑤各種SNS

三代時間の浪費SNS

  1. Facebook
  2. Twitter
  3. Instagram

確かにこれらのSNSはエンジニアとして情報収集したり、場合によっては就活できたりと使ってるひとが多いと思います。

でも、本当にそれだけのために使ってますか?

芸能ニュースとか、おもしろ画像とかみてませんか?

そんなものを見て知ったからと言って、あなたの生活は一切好転しないし、フリーランスエンジニアには近づきません。

ちゃんと使えてるならいいんですが、少しでも思い当たる節があるひとはSNS向いてません。

とりあえずフリーランスになるまでSNSはやめましょう。

ぼくは今でこそTwitterで色々発信してますが、正社員エンジニアの時はやってませんでした。

必要な情報は調べれば出ますし、就活はエージェントを使ったので全く問題なかったですね。

⑥映画・ライブなどの娯楽

娯楽は生活の活力になったり、気を紛らわしたりと日々の生活にとても役に立ちます。

完全にやめたほうがいいとは言いません。

行く頻度を押さえましょう。

月に1回くらいに。

今ないお金を振り絞って、節約してライブや映画に行くよりフリーランスになって

今の倍以上稼いでそのお金で余裕を持って行った方が幸せな気持ちで楽しめます。

ぼく自身、ライブやフェスが大好きだったんですが正社員でエンジニアをやってるときは一切行くのをやめました。

フリーランスになってからはいろんなフェスや、好きなアイドルのライブに行ってます。

空いてる平日に行ったり、お金を気にせずグッズを買えるのでかなり幸福度高いですね。

⑦周りの意見を聞く

よく聞く周りの意見としては

  1. フリーランスは仕事が不安定
  2. フリーランスは正社員の2倍稼がないといけない
  3. 老後が不安

全部無視してOKです。

一般的なフリーランスは確かに仕事が継続的に取れるか不安かもしれませんが、エンジニア職においては全く問題ありません。

理由は圧倒的に人材不足だからです。

ぼくは今までなんども案件探しをしてきましたが、

フリーランスエージェントに営業を頼めば、1〜2週間で決まります。

フリーランスエージェントとは、エンジニアの代わりに案件を探してくれるひとたちのことです。

登録して、自分のスキルシートを送れば案件をどんどん紹介してくれます。

詳しいことはこちらの記事に書いてあるのでどうぞ!

フリーランスエンジニアが登録しておくべきエージェントBEST5 エージェントって何? フリーランスエンジニア専門エージェントのことです。 フリーラン...

「フリーランスは正社員の2倍稼がないといけない説」について。

COM
COM
どこ情報だよw

2倍必要説は嘘です。

そんなにいりません。

エンジニアは接待もなく、経費があまりかからない職業なので。

実際にぼくはフリーランスとして1年以上働いており、去年確定申告もしました。

2倍も必要ありません!

なんでも鵜呑みにするんじゃんくて、誰がなんのために言ってるかを考えるようにしましょう。

老後の年金に関しては、今払ってるひとたちもちゃんともらえるかわからないような状態です。

フリーランスになって今の3倍くらい稼げば、余った分を投資に回せます。

それらを使えば老後の貯金もそれほど心配することはありません。

そもそもフリーランスを目指すひとに文句言ってくるひとって、絶対フリーランスじゃないです。

やったことのないひとの意見は基本無視しましょう!

1年でフリーランスエンジニアになった僕がやめた7つの習慣〜まとめ〜

まとめ
  1. 暇な時間にダラダラする
  2. 友達・上司との飲み会
  3. 残業
  4. 必要以上の睡眠
  5. 各種SNS
  6. 映画・ライブなどの娯楽
  7. 周りの意見を聞く

目標を達成するためには、犠牲がつきもの。

なにも捨てずに何かを得ることはありません。

エンジニアとしてフリーランスになって月50ー60万円もらうのは、お金持ちのひとからしたら大したことないのかもしれませんが

月20万前後で生活している一般人にとっては、人生を変えるほどの大きな出来事です。

そんな人生を変えるくらいのことを今までと同じことをしながらやっていくのは難しいです。

初めは辛いかもしれませんが、ここで期間を決めて全力でやれば1年くらいでなれます。

なってしまえばこっちのもんなので、あとは案件を転々としながらスキルを上げていくだけです。

プログラミング学習を絶対に続ける方法【本当の敵は自分自身】 この記事を書いているぼくは、極度の飽き性で多趣味。でも、エンジニアになるためなんとかプログラミングの勉強を続け、...

この記事が、フリーランスエンジニアを目指しているひとの参考になれば幸いです。

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。

では、また。

RELATED POST