Freelance

エンジニアの仕事は将来無くなってしまうのか?【現役エンジニアが回答】

エンジニアを目指してますが、10年後仕事がなくなるかもしれないという話を聞きました。どうなんでしょうか?
COM
COM
そんな疑問にお答えします。

こんにちは、フリーランスエンジニアのCOMです。僕の詳しいプロフィールはこちら

エンジニアになりたい人・フリーランスに興味がある人に向けてLINEマガジンの配信を開始しました。

最近、エンジニアの仕事が将来なくなるかもしれない!

という記事をみました。

エンジニアを目指す方からも、エンジニアの将来を不安に思う質問が多数きます。

というわけで、今回は「エンジニアの仕事は将来無くなってしまうのか?【現役エンジニアが回答】」というテーマで現役エンジニアとしての僕の意見を踏まえつつ解説していきます。

今後エンジニアになりたいけど、エンジニアの将来が不安な人必見です。

では、いきましょう!

エンジニアの仕事は将来無くなってしまうのか?【現役エンジニアが回答】

僕個人的な意見としては、「エンジニアの仕事は将来完全になくなることはないが、減っていく可能性が高い」です。

その理由を説明します。

仕事が減っていく理由

仕事が減っていく理由①:プログラミングが自動で作成されるようになる

最近だと、見た目を決めただけで、その見た目にあったコードが自動で生成されるシステムができたそうです。

ホームページやLPの作成に関しても、項目を選ぶだけでプログラミングをせずに簡単にできるツールが出てきています。

今例にだしたのはフロントエンド(見た目の部分)の話ですが、将来的にはバックエンド(目に見えない部分)

仕事が減っていく理由②:人工知能の発達

実はプログラマーの仕事は10年後人工知能によってなくなると言われてます。

この発言のもとになるのは、オックスフォード大のフレイとオズボーンの「The Future of Employment」。(雇用の未来:10年後に消える全職業から引用)

こちらによると、エンジニア・プログラマーなどの仕事も10年後に消える職業とされています。

実際に今後AIが実践レベルで使われる範囲が広がってきたら、プログラミングで書ける簡単な機能などはAIができるようになるかも。

今すぐというわけではないものの、長い目で見ると十分ありえる話です。

仕事が減っていく理由③:オフショア開発の拡大

オフショア開発とは?:コストのかからない海外の企業に業務委託をすること

日本のエンジニアが不足してるので、海外のエンジニアに頼るしかない状況にあります。

実際今僕が参画している現場でも、海外の企業に開発を任せている状態です。

今後もこう言ったオフショア開発が拡大してくることによって、日本のエンジニアの需要が少なくなって切る可能性が高いですね。

完全になくなることはない理由

減ることはあっても完全にはなくならないと僕は思ってます。

完全になくならない理由①:エンジニアの仕事の定義が曖昧

議論する前に定義を決め出す男は100%モテないですが、この場合重要なので、定義します。

そもそもエンジニアとプログラマーの仕事内容はちょっと違ってきます。

この図はアプリを作る時の一連の流れです。

このうちのコーディングとテストをメインでやるのが、プログラマー

それ以外の要件定義や受入テスト、お客さんへの納品をするのがエンジニアです。

とはいっても、エンジニアだから絶対にコードを書かないとかそういうことはなく、あくまでも目安です。

そんなに厳密に区別する必要はないです。

ただ、一般的に近い将来なくなるとされてるのはプログラマーの仕事だと思います。

エンジニアはお客さんとのやりとりが業務の一部を占めてるのに対して、プログラマーはコーディングがメイン。

先ほどエンジニアの仕事が減る理由でも紹介した、コーディングの自動化が今後すすむと、コードを書くだけの人は仕事が減るかもしれないということです。

逆にいえば、コーディング以外もできるエンジニアはそこまで心配しなくてもいいんですよね。

完全になくならない理由②:エンジニアの仕事はプログラムを書く事だけではない

じゃあどんな仕事があるのかというと、先ほど紹介した画像のコーディングと単体テスト以外の部分です。

アプリというのは誰かが作りたいと思い立つところから全てが始まります。

(今回は分かりやすくするために細かい部分を省きますが、なんとなくのイメージを掴んでもらえればOKです)

まず現場に問題点がある状況に対して、アプリで解決を測ろうとします。

例えばウーバーイーツのアプリ。

自宅でご飯が食べたい人と、宅配できる人員はいないけど宅配したい飲食店の問題を解決するためにアプリを作ります。

こんな感じ。

そこで必要になるのが、要件定義・設計書の作成という業務。

アプリを作りたいお客さんと話して、

  • どんなデザインがいいのか?
  • どんな機能が必要なのか?
  • アプリの使い方はどんな手順なのか?

などを話し合って、実際にどんな機能が必要か。

本当に必要な機能かどうかなどを何回も何回も話あいます。

場合によっては、開発途中でデザインが変わり、それに伴って機能が変わるなんてことも。

このような要件定義や設計書作成の人と人とのコミュニケーションの部分は、今後どんなにAIが発達してもそう簡単になくならないと思います。

完全になくならない理由③:アプリを使うのは人間

これも先ほどの話と似ていますが、結局アプリを使うのは機械じゃなくて人間だということ。

そしてその人間の気持ちは人間にしかわからないということです

どんなに統計データをとっても、作る人の好みや人間性みたいなものは絶対に出ます。

そしてその少しの違いに対してファンができるんです。

世の中のアプリが統計データだけで作られていたら、全く同じようなアプリばかりになってしまいます。

COM
COM
まあ、世の中にはとても似たようなアプリもありますが・・・

こう言った人間らしさ・人の好みみたいな部分も、AIが判断して人間らしさを表現するにはまだまだ時間がかかりそうです。

ドラえもんが現実に登場したら、その時はできるかもしれませんが。

エンジニアの仕事は将来無くなくなるか?に対しての僕の意見

ここからは、エンジニアの仕事の将来を心配する方へ、僕の意見を書きます。

なってないのに考える必要はない

そもそもこの質問をする人は、エンジニアですらない人がほとんど。

エンジニアになってすらいないのに、エンジニアの将来を心配するって

彼女ができた事ないのに、彼女が家にきた時の心配をするのと同じくらい意味がないです。笑

先の事考えすぎ!

なってから考えても遅くないです。

エンジニア不足という現実

現実としては、エンジニアは不足しているし、経済産業省の発表によれば2030年には45万人ものIT人材が不足すると言われてます。

※出典:経済産業省 平成30年「IT人材需給に関する調査」

さすがに、日本もこれに向けて対策してるし、ここまでの人間が足りなくなる事は考えにくいんですが、こういうデータだ出てるのも事実。

僕が今まで働いてきた現場ではつねにエンジニア不足でした。

確かに将来の事を考えて行動するのは大事ですが、今エンジニアが不足してて、そのおかげで給料が上がってるという現状は知っておいてください。

将来のことを考えるのは時間の無駄

将来の事を考えすぎて、今の行動に支障をきたしてはダメです。

今エンジニアが需要があって稼げるなら、その波に乗っかってうまくやっていくだけ。

実際に僕はその波に乗っかって、特別技術力があるわけでもないのに、正社員だった頃の3倍稼げてます。

もし将来エンジニアが無くなったとしても、その時一番イケてて稼げる職業に転職すればいいだけですからね。

エンジニアがなくなるならもっと先に他の職業が消える

そもそもエンジニアって不況に強いし、なかなか仕事がなくなりません。

今回のコロナでも僕を始めとしたエンジニア友達はほぼノーダメージ。

普通に在宅勤務してます。

もしも、将来エンジニアの仕事がなくなるのだとしたら、それより先になくなる職業が沢山思い浮かびます。

コンビニのレジや、データ入力などの事務、各種施設の受付など。

エンジニアがなくなるのはきっとそれらの仕事が無くなったあとだと思うので、僕はもう少し気長に待ちます。

急に仕事はなくならない

今自動で会計行う無人レジや、自動運転できる車などが開発され、

  • コンビニバイトはなくなる
  • タクシー運転手はなくなる

と言われてます。

これは最近の話しではなく、もう数年前からずっと言われてます。

しかし、現状はどうでしょう?

コンビニに無人レジなんてほとんど見当たりませんし、タクシーは普通にウロウロしてます。

それだけ新しい技術の導入と浸透には時間がかかるんですよね。

例えば新しい無人レジを導入するとしたら、まず導入に費用がかかるし、その機械の使い方を人に教えなければいけません。

もし機械が壊れたら、対処方法なども周知させる必要があります。

それを日々営業しながらやるとなると、時間もお金もかかります。

いいものが出たからと言って簡単に導入できるわけじゃないんですよね。

こんな感じ。

なので、もしエンジニアが不要になるくらい画期的なシステムが世にでたとして、それが浸透するにはかなりの時間がかかります。

既存のコードをそのシステムに置き換える際にはきっと膨大な時間と沢山のエンジニアが必要になるでしょう。

そうなったら、その画期的なシステムの導入・浸透までの時間に、新しい技術やその時に必要なスキルを身につければいいだけ。

プログラミングがなんとかなったんだから、他もなんとかなるはず。(根拠ない自信)

エンジニアの仕事は将来無くなってしまうのか?【現役エンジニアが回答】〜まとめ〜

いかがでしょうか?

エンジニアの仕事が将来なくなるかについて、理由と僕の意見を書きました。

僕が伝えたい事としては、

エンジニアはとりあえずここ数年はなくならないし、なくなるとしても急になくなることはない。

現状最強の職業だと思うから、やらない言い訳を考えずに、安心してエンジニアを目指してね。

ということです。

エンジニアになる方法はこちらをどうぞ

【未経験OK】プログラミングの始めかた講座【現役フリーランスが解説】 こんにちは、フリーランスエンジニアのCOMです。 僕の詳しいプロフィールはこちら。 エンジニアになりたい人・...
[元販売職]完全未経験からエンジニアになる方法まとめ[初心者向け]こんにちは!フリーランスエンジニアのCOMです! ぼくは昔から運動ばかりで、ほとんど勉強をしてきませんでした。 大学(Fラン...

 

エンジニアになりたい人・フリーランスに興味がある人に向けてLINEマガジンの配信を開始しました。

登録してもらえると嬉しいです。

エンジニアになるのに大切な情報を網羅したので、きっと参考になるはず。

 

 

今回も最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

では、また!

 

エンジニアになるならスクールに通うのがベスト