LIFE

ブラックSES企業に入ってしまった時の対処法【最善を尽くしましょう】

なんとなくSES企業に入ったら、ブラック企業だった。やりたい言語もやらせてもらえないし、営業は無能だし、開発経験積めないし。
COM
COM
そんな方にアドバイスします。
この記事の内容
  • ブラックSES企業に入ってしまった時の対処法
  • 面談のポイント
  • 次の転職先の探し方

この記事を書いてる僕は、小売店店員からブラックSES企業を経て、自社開発兼SES企業に入った経験あり。

現在は、フリーランスのエンジニア。

僕はエンジニア歴3年で、いくつかのエンジニアコミュニティに所属しており、そこで駆け出しエンジニアの方々と話す機会が沢山あります。

そこでよく聞くのは、

プログラミングスクールに通った結果SES企業に入った。その後どうすればいいのか?

というもの。

この記事を読んでるみなさんが考えてる通り、自社開発企業にはいれば、SESより高確率で開発経験を積めます。

しかし、企業の母数と倍率の高さから、みんながみんな第一希望の自社開発企業に入社できるなんて事はありません。

7割くらいの人は、第一希望でもなんでもないSESに潜り込むことになるでしょう。

そして、多くのSESはしっかり選ばないと開発経験がつめない、いわゆるブラック企業(SES)です。

本当はそんなところ避けたい!と言うのが本音だと思いますが、現実問題そううまくは行きません。

相手方も、バレないようにあの手この手でごまかします。

相手方に悪意がなくても、派遣された現場の事情で開発経験が積めないと言うこともあります。

こんな時はいったどうすればいいんでしょう?

と言うわけで今回は、「ブラックSES企業に入ってしまった時の対処法」について、僕の経験を元に解説していきたいと思います。

今SES企業で消耗してる人、今の企業が思ったのと違う!って人必見です。

では、いきましょう。

ブラックSES企業に入ってしまった時の対処法【最善を尽くしましょう】

初めに言っておくと、「SES=悪」だと言う気はないです。

たまに、

自社開発以外は全部悪!

みたいなスタンスの人がいますが、あれはあれで視野狭いなと。

適応力なさすぎて、無人島に流されたら真っ先に○にそう。笑

結論:辞めましょう

まずは結論から。

やめましょう。

とはいえ、すぐに辞めるのはおすすめしません。

せめて半年くらいは頑張りましょう。(マジで無理なら1日でもOKですが。)

仮に今すぐ辞めたとして、次の会社になんて言います?

COM
COM
思ったのと違ったんで、辞めました。
なるほど!わかりました。それはしょうがないですねえ

とはなりにくいですよね。残念ながら。

何度も言いますが、続けるのが正義!とは言いません。

本当にヤバかったらすぐ辞めてOKです。

次の会社にもちゃんと理由を説明すればなんとかなります。

でも、多くの場合、開発できると思って入社したら、テスターばっかでなかなか開発できない。みたいな場合がほとんどかと思います。

そんな時はどうすればいいんでしょうか?

対処法①:今の現場でできる事を探す

今の会社でできる事を探しましょう。

これは、掃除ならできるから掃除しろとかそう言うのではありません。

次の会社に転職する時に役に立ちそうな今できる事をしろということです。

たとえば、テスターしかやれていない場合、すぐに辞めてもテスターの経験のみです。

その場合、次の会社に入れたとしても、またテスター案件に回せれる可能性があります。

なので、できるだけテスター以外の経験を積めないか交渉してみましょう。

テスターをやってるなら、テストの時に発見したバグを自分で解決してもいいか聞くとか、実際のコードをさわれせてもらうとか。

テストコードを書いてる現場なら、教えてもらうとか。

デプロイ作業を見学して、やり方を教えてもらうとか。

方法はいくらでもあります。

現場側からしても、若くてやる気のあるエンジニアが色々教えてくれと言ってくれるのは嬉しいハズです。

もし、それをやって嫌な顔されるなら、すぐに辞めましょう。笑

これができれば、あなたの経験は

  • テスターのみ

から、

  • テスター
  • テストコードの実装
  • 保守・運用(バグの改修)
  • AWSサーバでのデプロイ

と、一気にできる感のある経験になります。

どっちが次の転職の際に評価されるかは、一目瞭然ですよね。

辞めるなら、できる限り今の現場で次に役に立ちそうな行動を心がけましょう!

対処法②:営業に交渉してみる

今の現場のヤバさをとりあえず営業担当に伝えましょう。

営業は、エンジニアが現場で働いている限りお金がはいるので(会社に)、なかなかやめたいと言っても聞く耳をもってくれないことが多いです。

実際僕は以前いた会社がそうでした。

そんな時は多少盛って営業に話ましょう。

0→1にするのはダメですが、1→5や6にするのは大丈夫です。

現場によって、面談時に任せると言われた作業内容と違うことをするというのは、たまーにあるので、その場合は営業担当に正直に伝えましょう。

面談のポイント

やめましょう!と言っただけだと、

やめた後どうすればいいんだよ?

と言う声がありそうなので、短期間で会社をやめた後次に会社に入る時の面談のコツを書きます。

ネガティブな意見も言い方を変えればOK

転職の際に必ずと言っていいほど聞かれる質問。

それは、「なぜ前の会社を辞めたのか?」。

新しい会社側としても、変なやつに入ってこられてはたまらないので、人間性が垣間見れるこの質問をしがちです。

その時、面接の本なんかにはよく、ネガティブな意見はNGと書かれていることが多く、確かにそうなんですが、エンジニアに関してはそれほどNGではないです。

例えば、入ったSES企業の営業が無能(エンジニアの力不足も有るかもですが)なせいで、やりたい案件が全然なく、

テスターしかできない!とか

社内のエンジニアの士気が低すぎるとか

エンジニアの給料が全然上がらないとか。

結構あります。

そんなの入る前に確認しておけよ!

と言われるかもしれませんが、それは理想論でそもそもそんな確認項目さえ知らない場合もあります。

0→1はダメだけど1→5はバレない

例えば、前の会社で開発をまったくやってない人が、

開発してました!

って言うのはバレますが、

改修作業をして、間近で開発の風景を見てた人が、

開発してました!

って言ってもバレません。

あとは、自分の実体験と現場の先輩に見聞きした内容をあたかも自分の体験であるかのように話せばOK。

嘘はよくないですが、入ってしまえばこっちのもんなので、うまくやりましょう。

その他、基本的は項目に関してはこちらの記事にまとめたのでどうぞ↓

エンジニアの面談を想定して書いてますが、転職時の面接にも役に立つはずです。

エンジニア面談のポイント徹底解説【現役エンジニアが教えます】こんにちは、フリーランスエンジニアのCOMです。 ぼくは正社員時代時代の現場面談とフリーランスになってからの面談で、合計1...

次の転職先の探し方

開発経験が積めないSES企業をやめた後、あなたには3つの選択肢があります。

  1. 正社員
  2. 派遣
  3. フリーランス

①正社員

もう一度会社に入る選択です。

また、同じようなことを繰り返さないようにきをつけましょう。

事前に確認しておきたい項目をまとめたので、どうぞ↓

初心者必見!SES企業に入る時に絶対確認しておきたいポイント6選 この記事を書いてる僕は、現役のフリーランスエンジニア。 SESを含め、複数社を転々としたのち、独立する。 ...

②派遣

「派遣=よくない」というイメージをもたれがちですが、エンジニアという職種においては違います。(他の職でもそんなことないです)

もし、あなたが将来フリーランスになりたいと思っているなら、派遣がおすすめです。

理由は、高確率で現場経験が積めて、正社員に比べて辞めやすく、給料が高いから。

派遣エンジニアに関してはこちらの記事をどうぞ↓

未経験で派遣エンジニアを目指すメリットとデメリットを解説します エンジニアとしてやっていたい初心者の最大の壁となるのが、実務経験の壁。 どこの企業も未経験より、なにかしらの開発経...

③フリーランス

もし、今の時点である程度の現場経験があるなら、フリーランスになるのもありです。

(もちろん開発経験がちゃんとある場合に限りますが)

将来フリーランスになるのが目標なら、ちょっと早めに挑戦してもいいかもしれません。

フリーランスエンジニア専門のエージェントにスキルシートを提出して、自分の実力だといくらくらいの単価になるのか確認してらうこともできます。

聞くだけならただですし、モチベーションも上がると思うので、興味ある方はどうぞ↓

テックビズ(Tech Biz)の評判がいい理由は?営業担当に直接聞いてみた この記事を書いてる僕は現役のフリーランスエンジニア。 今はRuby・Vue・AWSを使った案件に参画しています。 ...

こちらの記事内にお問い合わせフォームがあります。

もし、僕に相談したいという人がいれば、僕も無料で相談を受けてるので、そちらもぜひ使って下さい。

COMのLINE@はこちら

ブラックSESに入ってしまった時の対処法【最善を尽くしましょう】〜まとめ〜

まとめ
  • 開発経験の積めないSES企業に入ったら辞めよう
  • すぐに辞めずに現場でできることをやろう
  • 営業担当に交渉してみるのもいい
  • 面談ではマイナスな理由も素直に話すべき
  • 0→1はばれるけど1→5はなんとかなる
  • 転職先(進路)は自分の将来と照らし合わせて決めよう

いかがでしょうか?

入ってしまった物は仕方ないので、嘆くのは一瞬だけにして、すぐに次の手段を考えていきましょう。

失敗は、誰しもあります。

僕もそうでした。

でも今フリーランスとして働けているのは、失敗で終わらず今回紹介した方法をとったからです。

昔の僕のようにSESで開発できなくて、どうしようか悩んでる人の役にたったら嬉しいです。

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。

では、また!